うつけものよみもの

バカめなコラムかいてます

仮想通貨が気になるのに始められない、買えない人へ

スポンサーリンク

こちらもオススメ!

f:id:motoyat:20171210004847p:plain

突然ですけど、仮想通貨持ってますか?

ここ最近はニュースでもよく見かけますし、知人同士の会話でもよく聞こえるようになりましたね。

そう、乗り遅れましたね、完全に。

でも、まだ乗り遅れてないかもしれないですよ、実際は。

煽る気は毛頭ないんですけど、今日は僕に実際に起きたことと伝えたほうが良いと思うことを素直に書くことにします。

始められない理由

僕がそうだったので分かるんですが、これだけビットコインだったり仮想通貨の話題が加熱すると、逆に始められないモードに入っちゃうというのがあるんですよね。

なんというか、こういう儲け話って野蛮じゃないですか。

それで、その野蛮な話にまんまと乗っかる自分というのがダサいというか。まんまと乗って、失敗するような「バカな自分」を受け入れ難いんですよね。

例えばですけど、僕たちはあまりに「マルチ」だとか「ネズミ講」の話題を目にし過ぎていると思います。

「マルチにハマった人はみっともない」

「あの家はねずみ講を勧めて来るから近寄っちゃダメ」

というような、「儲け話に盲目になる人」を極端に忌避するモードが多くの人に備わっていると思うんですよ。

それで、仮想通貨がこれだけ加熱しても始められないのって、このモードが大いに関係していると思っていて。

実際、マウントゴックスというビットコインの取引所が破綻した際のニュースなんかも、未だに呪いが残っていると思います。「ビットコインはなにやら怪しい」という呪いが。こういう要因が絡んで、マルチ感がすごいするというか。

なので、仮想通貨が気になるけど始められない人というのはすごく真っ当に育ってきて、真っ当な感性をしているんだと思うんですよ。

すごい分かります。これで熱くなって買って外したらダセー!って思いますもん。僕も。

でも、僕は買いました。

僕が買った理由

僕が買った理由はシンプルで、「買わないで後悔するより、買って後悔する方がいいと思った」からです。

当事者にならない自分の方がダサいと思った

ビットコインがこれだけ加熱する前から、職業柄ずっと仮想通貨のことは気にしていました。

ビットコインの背景を支える基幹技術の勉強もしましたし、それを用いた新たなビジネスの展開なんかも検討しました。

僕は、買ってもいないのにある程度ビットコインにコミットした気になっていて、未だに当事者になりきれない自分がどこかダサいとずっと引っかかっていました。

どこかで上で書いたような「儲け話に乗るヤツはダサい」モードに入っちゃっていたんですね。それで、ここ最近の展開でいよいよ「当事者にならない自分の方がダサい」という分岐点に達したんです。

まあこれだけ加熱した後にエントリーしているので結局ダサいのは変わらないんですけど!

仮想通貨のテクノロジー自体は信頼していた

僕は個人的にビットコインだったりブロックチェーンという技術だったりについては、信頼できるテクノロジーだとは思っていたんです。

信頼できるというのは、「セキュリティが〜」とか「個人情報が〜」とかそういったレイヤーの話ではなくて、「貨幣」という大きな物語を築き上げるようなものなのか? という意味ですね。

細かい説明は省きますが、ビットコインには大きく2つの重要な技術要件があります。

①分散管理型の台帳であること
②ウソがつけない仕組みであること

いずれもブロックチェーンという技術によって達成されている要件です。ここからは少し長いので気になる人以外はスキップしてくれてOKです。

まずは「①分散管理型の台帳であること」について。

これまでは、例えば「本谷(ぼく)が新垣結衣に1万円送金した」というような情報は、銀行の管理する台帳の上で行われていました。ところが、ビットコインの世界ではこの「本谷が新垣結衣に1万円送金した」という情報は、世界中のビットコインを維持する端末上で管理されます。(マイニングとかいうことをしている人たちのことです)

例えば悪い銀行が「本谷が新垣結衣に1000万円」送金した」と書き換えたとするじゃないですか。ガッキー好きな銀行員の犯行です。気が合うな。すると、僕は簡単に破滅しちゃいますよね。ガッキーは幸せになるけれど、僕は破滅する。銀行員がそういうことをせずとも、凄腕ハッカーが銀行の帳簿を書き換えればそういうことが起きるかもしれないんですよ。ガッキー好きの凄腕ハッカーが僕の口座から1000万送金してしまうかもしれない。ガッキーが幸せならもう俺はいいほっといてくれ。

でも、ビットコインの仕組みだとそれができない。その書き換えをするためには、世界中のビットコインに参加している端末の情報を同時に書き換えなきゃいけないんですね。みんなで頑張って、絶対に正しい1つの帳簿を維持しているんです。

これは、政治的なたとえで「絶対王政から民主主義になった」というような表現をされたりもします。金融機関という「中央集権型の王政」から僕たち庶民が正しいとみなすものを採用する「民主主義」の仕組みになった、と。

次に「②ウソがつけない仕組みであること」について。

小難しい説明は省きますが、ビットコインを支えるブロックチェーンという技術は、先程のガッキーの例えで言う「帳簿の書き換え」が極端に難しい仕組みなんですね。

ものすごくフワッと説明すると、「最新の取引明細に、過去全部の取引を証明する情報が載っている」んですね。だから、過去の一部の取引を書き換えると、その後に行われた全ての取引の情報も書き換えなくてはならない。そして、それを書き換えるのは現実的に不可能だし、それを書き換える方が余計に途方もないお金がかかる、ということになります。

詳しい技術は、興味のある人は「ブロックチェーン」で検索してみてください。

少し長くなりましたが、僕はこういった理由から「仮想通貨」というテクノロジーが「貨幣」というポジションを獲得するのに十分な素養があると判断していました。よっぽどどこぞの国が発行しているような通貨より信頼性・透明性があるじゃないですか。

詳しく知りたい方は、以下の本がすごくおすすめです。僕も通読しましたが、仮想通貨が加熱する理由が納得できるはずです。

手軽にビットコインや仮想通貨の概要を掴むなら、以下が分かりやすくて手早く読めるのでオススメ。短い。

買ってみて

僕は、総じて買ってみて良かったなと思っています。

いい社会勉強にもなっているし、「ダサいかも」と思っていた自分を倒して殻を破れたことはメンタル的にもすごくプラスが多かったなーと感じています。

今が明らかに熱狂モードのバブルなのは間違いないと思うんですが、ことの火種は仮想通貨への市場の期待だと思うんですよ。実際、国内取引所で扱っている通貨のチャートとかを見てもらうと分かるんですが、1年前と比べてほとんど全部の通貨が値上がりしてるんですよ。「このコインが勝てる!」とかは言えないですが、長期的に「仮想通貨」という市場が大きく膨らむことは期待できるんじゃないかなと。

これから、僕たちの「お金」という価値観を塗り替えてしまう可能性も秘めてると思います。

あと、僕は投入した額が3倍弱に膨らんでいてすげえテカテカしてる!! やったぜ!!

買い方

僕は「coincheck」という国内の仮想通貨取引所を利用しています。

口座開設がめちゃくちゃ簡単で、時間に寄っては当日から使えるようになるのですごくオススメです。一瞬でできるようになります。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

登録ステップは大きく以下のとおり。

  1. メールアドレスとパスワードを設定
  2. 個人情報(氏名住所等)の登録
  3. 身分証のアップロード(免許証の写真とってアップ)
  4. 承認されたら取引開始!

これでカードからの入金だったり、コンビニからの入金ができるようになります。ビットコインを始め、国内で流通している主要な仮想通貨を買えるようになります。


そんなわけで、仮想通貨が気になるけど始められない人(昔の自分)に向けたエントリでした。

冷めた目でブームを眺めるより、当事者になってお祭りした方が楽しいよ! ただし、失っても痛くない金額の範囲で始めるのをオススメします〜。悪い人の「リスクを取れ」みたいな甘言はあまり真に受けない程度にどうぞ!

それではまた。