うつけものよみもの

バカめなコラムかいてます

星野源のライブをおすすめする5つの理由

スポンサーリンク

こんにちは、本谷です。

先日、星野源のワンマンライブに行ってきたんですよ。もうすごかったです。男女比が。100人いたら80人が女で18人が男、残る2人は星野源みたいな顔の女、といった具合の男女比でした。実に8:2の割合。肩身も狭いってもんです。柿ピーで言えば完全にピーの身分。

男子トイレがもうそもそも少ないんですよね。男子トイレどこだよって思って探してたらステージの片側全トイレが女子トイレだったりしました。どのトイレも女子が並んでやがる。ここはあれかい?男子トイレであっても女性が付き従ってくれて、用を足すのを手伝ってくれるとかそういう小粋なサービスのあるイベントかい?そんで盛り上がっちゃったら用を足した後に用を掛けてくれるのかい!?僕は何を言ってるんですか?

ともあれ、ライブはもう非常に楽しめまして。感動さえしました。そういうわけで、今日は星野源のライブがどうして素晴らしいのか考えてみようかと思います。

ライブのネタバレも含むので、そういうのが嫌いな人はここで引き返してください。でも僕のことは好きでいてください。僕は何を言ってるんですか?

では、いきます。

曲のアレンジ

星野源のライブ、ツアーごとにセットリストが違うのは当然なんですが、同じ曲一つとっても細かなアレンジが変わっていたりして、何回行っても飽きないんです。

たとえば、Two Beatっていう横浜での2日間ライブがあったんですが、そのライブではバンドDayと弾き語りDayという風に分けられたんですね。そこで演奏された『Crazy Crazy』は、両日ともバンドセットだったんですが、2日間でアレンジが違ってですね。メンバーが違うので当然っちゃ当然なのですが、それがどっちもすごく良くて。

f:id:motoyat:20170917023349j:plain
星野 源 - Crazy Crazy/桜の森 【MUSIC VIDEO & 特典DVD予告編】

そもそも手持ちの曲の幅がめちゃくちゃ広いので、セトリの構成を変えるだけでも大分違った印象のツアーになるはずなんですけど、そこに妥協しないところがすごく好き。

弾き語り

ここ最近のライブでは、中盤になるとメインステージから離れた位置に作られたサブステージで星野源が一人弾き語りをするケースが多いんです。

しかも無駄にステージがぐるぐる回る。それで星野源が交互に四方を向いて弾き語りするんです。もう星野源の尻だけを観る時間がある。しっとりするバラードも眼前には尻。

少しそれましたが、この弾き語りがすごく良くて。Number Girlの『透明少女』とかやったりするんですよ。ナンバガの原曲を知ってると、アコギ1本で流されるイメージもつきにくいかと思うんですけど、これが思いの外よくて。

f:id:motoyat:20170917023530j:plain
NUMBER GIRL - 透明少女

ナンバガ原理主義者の過激派からは「なにヌルいことしてんだ」とか言われかねないんですが、星野源の弾き語り透明少女はまさしく「カバー」で、リスペクトと再解釈に満ち満ちた仕上がりなんですよ。わかったから、いいから向井のコーランをしまって?な?

そんな遊び心や音楽へのリスペクトに溢れた弾き語りが僕はすごく好き。

ともあれ、ギター1本で何万人も黙らせるのはやっぱり圧巻の業なので是非生で目の当たりにして欲しいなあと思います。

曲の合間の気遣い

ライブってどうしてもステージの転換だとか楽器の調整で、待ちになってしまう時間ができるじゃないですか。

星野源のライブでは、そこでやたら豪華な声優をつかった音声だけの小芝居や、いろんな芸人からのビデオメッセージが流されたりするんですよ。毎回バナナマンが映像出演する。なんならもう目にうるさいんです。いや好きなんですけど。

待ち時間も含め、楽しめる時間として色々な仕掛けを用意されていて、気遣いが感じられるライブなんです。

アンコール

まあどのライブでもアンコールってあると思うんですけど、星野源のアンコールはすばらしくアホでですね。

まあ行って頂ければ色んなアホさが瞬時に理解できるかと思いますので、ここは多くは語らないです。

f:id:motoyat:20170917023616j:plain

完成されたエンターテイメント

もう星野源のライブを観るべき理由は、この点に集約されるんですよ。

  • 優れた楽曲
  • 豪華なバックバンド
  • いかれた演出
  • 曲間のMC
  • 聴き入る弾き語り

ただのシンガーソングライターのライブというよりは、2時間のエンターテイメントとしてすごく完成されてるんです。

曲を聴いても楽しいし、MCの時間も楽しいし、ビデオにバナナマンが出てきても楽しい。星野源が横浜アリーナで公演中にうんこしに行ってる時間さえ楽しい(事実)。

2時間という枠を余すところなく楽しめるのが、星野源のライブの最大の魅力。

おわりに

f:id:motoyat:20170917023632j:plain

星野源のライブ、なにやら日本で今最もチケットを取りづらい部類のライブらしい。日本中の女性が買い求めているとか。

女子高生も女子大生もOLも君の好きなあの娘も、みんな星野源に夢中。ツイッターで「星野源」で検索をかけてみてくださいよ。どいつもこいつも

「は~源ちゃんの顔みたら元気でた」

とか言ってる。分かるよ、星野源の顔みたら元気でるよね。男の僕でもそう。だから、頼むから星野源のMVに一瞬だけ僕の顔挟んでみてもらえないですかね?サブリミナル的に。そしたら女の子たち、僕の顔をみて元気だしてもらえないですかね?それで「本谷くんの顔見ると、なんだか知らないけど元気でちゃうんだよね」とか言ってもらえないですかね?甘酸っぱい恋が始まらないですかね?そしたらそれは素敵なことですよね。僕はどうなっちゃったんですか?

悔しいよ。女の子の元気市場の需要を星野源が一手に引き受けているということが。日本中の女を笑顔にして食うメシはうまいか?うまいだろうなあ!!ちなみに男も笑顔になってるぞ!ありがとうなちくしょう!!

話も込み入ってきたので今日はここまで。

ともあれ、ライブは本当に楽しいので是非一度足を運んでみてくれればうれしい。